副業スタイルで稼ぎ出すためのネットビジネス講座

ネットビジネス初心者が副業からゼロから稼ぎ出すための情報商材、稼ぎ方についてシェアします。

記事一覧

No Image

未分類
こんにちは、岡本です。当ブログ「副業スタイル」の方ではあまり記事を更新しなくなっておりますが、現在はこちらのブログの方にて最新記事を投稿しています。新しいキャンプ・オカモト最近はあまり情報商材のレビュ-もしなくなりましたが、引き続き新しいブログのコンテンツも楽しみに読んでくれたらなあと思っています。また、メ-ルマガジンの方でも変わらず情報発信しています。もしまだ登録ていないようでしたら、こちらも併...

記事を読む

No Image

一般書籍レビュー
最近のインプットネタのマイブームとなっているアマゾンのキンドルアンリミテッドサ-ビスですが、ここに出版する電子書籍を利用してマ-ケティングをしているネット起業家さん達も数多いように思えます。今回はその中の1つ、山崎理恵さんという女性起業家の「女性のための伝説のコピ-ライティング」っていう本を斜め読みしたので、個人的な書評じゃないですけど、ここで語られている話に便乗して、僕なりの見解とかを勝手に語り...

記事を読む

No Image

情報商材オススメ度★★★(人によっては価値あり)
岡本です。株式会社Catch the Webから新たに発売された「THE ESSENCE(エッセンス)」という教材を購入したので、その感想とかのレビュ-をしていきます。THE ESSENCE(ともさん)を購入した感想THE ESSENCEは「ウェブライティング教材の決定版」ということで、コスパも良かったことから即決で購入してみました。で、その率直な感想はというと・・・個人的には、勉強になるところも多かったし、買って良かったです。ただところどこ...

記事を読む

No Image

気になる無料オファー案件
岡本です。ネットビジネス業界では、小玉歩さんがインタビュア-を勤めて、小西玲太朗さんが開催する「The NewAGE Project」というオファ-が盛り上がっているようです。僕も最初はあんまり気にしてなかったんですけど、なかなか質問やお問い合わせも多くなってきたので、実際に動画を視聴して僕なりの見解を述べて見ました。小西玲太朗さんのThe NewAGE Projectを見た感想とは言っても序盤はどうでもいいことばっかり言ってそうだ...

記事を読む

情報商材オススメ度★★★★★(自信をもって推奨)
岡本です。割と今更感のある教材ですけど、物販アフィリエイト教材のジャンルにあたる「疾風アフィリエイト」を購入したので、レビュ-してみます。疾風アフィリエイト(込山剛史)商品のセ-ルスぺ-ジ疾風アフィリエイトはなかなか有名な教材なのでもちろん名前や評判は知ってたんですけど、シンプルに「俺、物販はやらんしな」という理由で持ってませんでした。笑ただちょっと、先日、たまたまとある場で疾風アフィリエイトの販...

記事を読む

【お知らせ】新しいブログを運営しております。

こんにちは、岡本です。

当ブログ「副業スタイル」の方ではあまり記事を更新しなくなっておりますが、現在はこちらのブログの方にて最新記事を投稿しています。

新しいキャンプ・オカモト


最近はあまり情報商材のレビュ-もしなくなりましたが、引き続き新しいブログのコンテンツも楽しみに読んでくれたらなあと思っています。


また、メ-ルマガジンの方でも変わらず情報発信しています。


もしまだ登録ていないようでしたら、こちらも併せて学んでいただければと。


岡本のメ-ルマガジン


2018年より発足した購入者限定会員制集団「岡本帝国」について



また、今は、2018年より発足した購入者限定会員制集団「岡本帝国」の方により力を入れて活動しています。


メインメルマガの方も定期的に発信していますが、現在メインに力を入れて活動しているのは、こちらの「岡本帝国」です。


当ブログ「副業スタイル講座」の方で紹介している情報商材のいずれかを購入いただければ「岡本帝国」への参加は可能ですので、もし興味がある場合はこちらもどうぞ!


岡本帝国の詳細のご案内


※当ブログより商品購入後、特典として岡本帝国のご案内をしています。

また、それぞれの商品にお付けしている方各種特典は、岡本帝国とは別に、表記通りのコンテンツを受け取ることができます。



今後ともどうぞよろしくお願いします!




【追伸】

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法を
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも質の高い情報や、
少し秘匿性の高い情報などもシェアしていると自負しております。


登録は無料なので、興味があればぜひ。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

メルマガ講座に登録して無料レポートを受け取る

メルマガバナー

山崎理恵さんの「女性のための伝説のコピ-ライティング」読んで感じたこととかなどを


最近のインプットネタのマイブームとなっている
アマゾンのキンドルアンリミテッドサ-ビスですが、
ここに出版する電子書籍を利用してマ-ケティングをしている
ネット起業家さん達も数多いように思えます。


今回はその中の1つ、山崎理恵さんという女性起業家の

「女性のための伝説のコピ-ライティング」

っていう本を斜め読みしたので、
個人的な書評じゃないですけど、
ここで語られている話に便乗して、僕なりの見解とかを勝手に語りたいと思います。


この電子書籍自体はアマゾンプライム会員になれば無料で読めるので、
もしよかったら読んでみてください。


女性のための伝説のコピ-ライティング


内容は・・・人によって感じ方が違うので、
参考になるかどうかはわかりません。


少なくともコピ-ライティング的に参考になるのか?
というとそんなことはない気がします。


キンドルの安いor無料の書籍はリスト取得目当てが多い



いずれにしても、Kindle Unlimitedの電子書籍は、
基本的にみんな「リスト取り」のために利用しているんですけど、
この本も、そのうちの1つですね。


少し前までなら、ネット業界なら「無料レポ-トスタンド」が主流でした。


でも、現在は無料レポ-トスタンドにアップするような
PDFレベルのクオリティのものでも、
その気になればいくらでも出版できるので、
電子書籍とはいえ「著者です!」って名乗って箔が付くのでいいと思います。


今から情報発信をやるんだったら、
キンドル出版はなかなかオススメですね。


決して多くないボリュ-ムでササッと読めるので、
何しからのヒントやノウハウなんかをササッと知りたい!
っていうような場合にはKindle Unlimitedは結構オススメです。


アンチ「キラキラ系起業家」に賛成



さて、Kindleの電子書籍はそんな感じなのですが、
今回はタイトルに「コピ-ライティング」って書いてあったので
ほぼ無条件で中身を覗いてみました。


まあ、中身自体は参考になるかどうかはわかりませんが、

コピ-ライティングの重要性とか、
「無名のままで売れていく」とか、
「キラキラするな」とか、
その辺の考え方やコンセプトなんかは共感できるところがありました。


「キラキラって何のこっちゃ」

っていうと、要するに、
SNSとかで生活自慢アピ-ルして
お客さんを集めようとしている人たちのことですね。


山崎理恵さんは、本の中で

「キラキラ起業女子」「キラリッチ起業男子」

と名付けていますが、
別に無理してキラキラアピ-ルしなくても稼げますから!

そうじゃなくて、コピ-ライティングが大切ですから!


・・・っていう主張がこの本で主張しているところです。


そのための具体的なコピ-の書き方とか、
そういうノウハウ的なものはほとんどなく、
(あったけどあんまり参考にならないかも)

集客用のKindle書籍にありがちですが、
最終的には「こっちに登録しておいてください」という勧誘があるので
詳しく山崎さんのことを知りたい!
っていう人はそっちのコンテンツとかも参考にすればいいと思います。



ちなみに、どうでもいい話ですが、
山崎理恵さんという方はこの本を読むまでは存じなかったのですが、
多分、プロダクトロ-ンチ系のコピ-ライタ-っぽい人達の影響を受けているかな?
と思わされるような文章でした。


言っている内容も文章のテイストも、
「村上むねつぐさん」をはじめとした、
ロ-ンチ系のコピ-ライタ-とかの文章に似ていいます。


「はい、それはコピ-ライティングです」

みたいな感じで「はい、・・・」から始まる文章を
ロ-ンチで散々と見てきたので、
なんかそういう書き方の流派?みたいなのがあるんですかね。


どちらかと言うと、僕みたいなタイプと違って
感覚で文章を書いているタイプの文体なので、
合う人と合わない人はいるかもしれません。


確かに、この方が言うように、
感覚的にフワフワした感じの文章の方が、
女性に対するウケはいいような傾向もある気がするので、
そういう意味では「女性向けのコピ-ライティング」を体現できているのかもしれません。


むしろコピ-ライティングスキル的には
非常に微妙な印象を受けましたが、
全体的に主張していることや、
言っている事自体には大いに共感しました。


特に、

「キラキラしていなきゃ稼げない?」

この問題提起は僕もとても賛同しています。


「ネットビジネスは目立たないと稼げないのでは?」と思ってる人もいる



ロ-ンチ系の起業家とかって、派手な生活をアピ-ルして、
「羽振りの良さ」とか「いかに自分が素敵かどうか」
をアピ-ルして、そこへ憧れを持たすことによって人を集める、
というブランディング手法が主体とされています。


これは要するに「キャラクタ-ビジネス」というものなのですが、
僕が初心者の頃は、そんな人ばかりが目立っているこんな業界の様相に、
正直、面食らってテンパってた記憶がありますね(笑)


僕自身がネットビジネスに参入した時は与沢翼さんが全盛期の頃だったので、
僕にとってのネットビジネス業界も、

「目立たなければ稼げない」

ものなのかな-って一人で思い込んで、色々と悩んでいました。


そもそも副業だからFacebookでビジネス臭出したらアウトだし、
素性を明かしてビジネスなんてできないよな-っていう感じで。


でも、実際のところはそれって大きな間違いだということには
だいぶ後に気がついたんですけど(笑)


顔出しも実名出しもせずに、人脈とかも不要で、
自宅で一人でコツコツと稼いでいける手法なんてたくさんあって、
何もSNSとかでムリしてキラキラアピ-ルしなくたって、
稼げる手法なんていくらでもあったんですね。


初心者の頃の僕はそんなことすらさっぱり知りませんでした。


というか、実際のところは、
目立ってナンボの手法をやっている人達の方が、
ごく一部っていうのが実情です。


僕の場合は与沢さんとか、
あの辺の目立ってナンボ系の起業家たちが
ネットビジネス業界の入り口だったので、
キラキラせずに稼いでいる人達の存在を知ったときは本当にビックリしました(笑)


表に出てこないで稼いでる人たちって、
わざわざ生活自慢しなくても稼げるからこそ表に出てこないっていうだけなんですよね。


たま-に僕のところにも、

「なんで岡本さんの周りの人たちは顔出し(素性を明かしたり)しないんですか?」

って聞かれることもあるんですけど、
その理由は、素性を明かすメリットが1つもないからです。


逆に、素性を明かしてメリットになるのは、
リアルな場で人との交流を持つ必要のあるビジネスモデルとかの人とかでしょうかね。


「顔出しすれば信頼度が増す!」

っていう主張も間違ってないかもしれないですけど、
重要なのはあくまでコンテンツです。


顔出ししてキラキラアピ-ルしてるけど信用できない人なんて死ぬほどいますし、
顔出しして、一生懸命頑張ってるけど、
コンテンツを何も提供していない人だってたくさんいると思います。


そういう人は、まずは家に帰ってコツコツと
人に提供できるコンテンツを作る方が先決です。


セミナ-とかお茶会とかで派手に
「稼いだらあなたもこんな風な生活ができるすよ」
と未来をアピ-ルをして稼ごうとしているネット起業家も多いし、

「ネットビジネスはそうしないと稼げない」

って思っている初心者の人も、まだまだたくさんいると思います。


でも、ネットビジネスで稼ぐ方法はそれだけじゃないということです。


むしろそれが出来る人ってよっぽど自信がある人っていうか、
僕的にはそんなバイタリティもないし、
ある意味で本当に尊敬しています。


でも、その先で提供しているコンテンツがしっかりしていないと
後々の不満足感につながる可能性もあるので、
やはり大切なのはどこまでいっても「コンテンツ」である、ということですね。


女性向けのコピ-ライティング?



この本のコンセプトでもあるはずの
「女性向けのコピ-ライティング」
ということだったのですが、
全体的にこの辺の主張が(僕的に)ズレていると感じました。


もちろん僕の言ってることがズレている可能性もあるんですけど、
この本では「女性はこういう感じの文章の方が響きやすいんです」
っていう主観的な視点で語っているだけなので、
誰にとっても参考になる話ではなかったと思います。


あえて「女性向けのコピ-ライティング」
っていう切り口で語らなくもいいのかな?と思います。


女性に限らず、性別を問わずに、
全ての人に共通するようなコピ-ライティングのマインドとかを語っている、
というような内容でした。


要するに、女性をタ-ゲットとしたマ-ケティングの場合は、
「共感」とか「愛情」とかの力が大切?みたいな主張です。


・「成果」や「勝ち」を求めるのが男性

・女性の場合はそうではなく「共感」や「安心」「愛情」「コミュニティの発展」を求める



みたいなことを言いたかったのかな?


だからこそ、女性に対して商品を売るときには、
押せ押せ系のプロダクトロ-ンチや、キラキラアピ-ルは不要で、
共感や愛情を掴めるような訴求でいいんですよ、
っていうのがこの本の主張です。


まあ、それ自体はある意味その通りかもしれないです。


でももうちょっと深い部分でこの話を理解するためには、
「男性」や「女性」という単純な性別ではなくて、

「男性性」と「女性性」

という、人それぞれが持ち合わせている性質という視点が必要になってきます。


男性性と女性性



山崎さんのこの本でも似たような言及がありますが、

女性性というのは、
「コミュニティ」「共感」「愛情」
みたいなものを重視するような性質のことを指して呼ぶことが多いです。


反対に、男性性というのは、この本が言うように
「成果」とかを重視したり、
オラオラセ-ルスしていくような積極性などのことを指します。


これはネットビジネスの世界でも色んな人が結構前から言及していて、


・これからは「リ-ダ-」ではなく「コミュニティ」の時代
→だから女性性が重要になってくる

・だけど男性性は強いセ-ルスを行う際には有効


みたいな性質を持っていて、
これからの時代は、この女性性と男性性のバランスが大切ですよ!
っていうのがよく聞くお話ですね。


きっとこの本はそういうことを言いたかったと思うんですけど、
当然ながら、全ての女性が共感や愛情を求めているわけではないし、
全ての男性が「成果」や「闘争」を求めているわけではありません。


これは、性別によく違いというわけではなくて、
人それぞれが持ち合わせている性質によって異なります。


女性性の強い男性もたくさん存在しますし、
その逆もいっぱいいます。


だから、
「女性のためのサ-ビスを売るときはこう書く!」
っていう書き方をするというよりかは、
タ-ゲットに対しての「女性性」に訴求するような書き方
ができればいいと思います。


だから、この本はおそらく、
「女性に訴求するコピ-ライティング」というよりは、

「”女性性”に訴求するコピ-ライティング」

に対して色々と伝えようとしているのかな?と思います。


この本で学べることをス-パ-簡潔に伝えると、

「女性向けのサ-ビスを売るときには、
共感や安心を重視したコピ-を書きましょう」

みたいな、フワフワした主張に行き着きます。


まあさすがにこれはちょっと極端な解釈かもしれないんですけど、
要するに、言いたいことはこの辺にあるのかな?という感じです。


というよりも、

「言いたいことがあるからこの本を書いた」

っていう印象ではなく、
明らかに集客のためにそれっぽいコンセプトを決めて
この本を作ったという感じでした。


でも、改めて「女性性と男性性」
のことを考えられることができる本でした。


ガンガンセ-ルスしまくっている
プロダクトロ-ンチみたいなのがいわゆる男性的なマ-ケティングで、
そうではなく、コミュニティを重視したものが女性的ですよ、
っていう話なんだと思います。


確かに、フワフワした雰囲気の文章だと女性の反応が取りやすく、
女性客は集まりやすい、
っていうような話は思ったよりも色んな方面から聞くことが多いです。


超論理的な文章の「宇崎さんの師匠」とかは、
8〜9割くらいは男性の客で、
集客したセミナ-会場とかは男ばっかりですからね(笑)

(かといって師匠は露骨にオラオラした男性的なセ-ルスをしているわけではないですが)


僕がセミナ-の集客をしたときは女性の割合がちょっと増えるみたいで、
書き手によってお客さんのどちらの性質に訴求しやすいのか、
っていう違いはなかなか興味深いです。


他にもそういう話ってたくさん聞くので、

・論理的なコピ-=男性性に訴求しやすい

・感覚的なコピ-=女性性に訴求しやすい


みたいな傾向は確かに一理あるな-って思います。


だからといって、不必要に文章をフワフワさせて女性のタ-ゲットを狙うとか、
そういう曖昧なスタンスでコピ-を書けば反応が高まるのか?
っていうと何とも言えないと思います。


男性も女性もタ-ゲットになりうる商品なら、
やはりあえて男性のタ-ゲットを省くような書き方をする必要は一切ありませんからね。


女性向けサ-ビスを女性のみに売るのであれば、
確かに、「成果」や「勝ち」に訴求するようなコピ-よりは
「共感」とか「安心感」にウェイトを置いた伝え方をする方が確かに反応は高いでしょう。


でもそれって、一概に
「女性ならこう」とか「男性はこう」っていうシンプルな考え方で
文章を使い分けるようなものではない気がします。


あくまで、その商品を売るにあたってのタ-ゲッのリサ-チをして、
そのタ-ゲットに対してより訴求しやすいであろう書き方をしていく、
っていうのが適切な考え方なんじゃないかと思います。


ということで、なんか文句みたいになってしまい失礼しましたが、
あくまでバランスが大切なんでしょう。


こういうことを知っていれば、
集めたいお客さんによって文章のテイストとかが変わってくるので、
何かしらの参考になってくればありがたいです。


本を読んだ書評をするつもりではなかったんですけど、
この本を読んで感じたこととかをただアウトプットする形になってしまいました。


■追伸

ちなみに本の中盤くらいにあった
「集合的無意識に繋がって文章を書く」
とか、こういう感覚はとても大切だと思います。


論理思考な傾向にある男性性の強い人がこんな話を聞いたら

「なにそれ、スピリチュアル?」

って感じで受け付けないかもしれないんですけど、
集合的無意識にリンクして文章が降りてくる、
みたいなことができればそれは素晴らしい能力ですね。


コミュニティ重視のサ-ビスを運営している人なら、
この辺の話はビビッとくるものがあると思います。




【追伸】

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法を
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも質の高い情報や、
少し秘匿性の高い情報などもシェアしていると自負しております。


登録は無料なので、興味があればぜひ。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

メルマガ講座に登録して無料レポートを受け取る

メルマガバナー

ともさんの「THE ESSENCE(エッセンス)」を買ってみた感想など

岡本です。

株式会社Catch the Webから新たに発売された

「THE ESSENCE(エッセンス)」

という教材を購入したので、その感想とかのレビュ-をしていきます。


THE ESSENCE(ともさん)を購入した感想



THE ESSENCEは「ウェブライティング教材の決定版」ということで、
コスパも良かったことから即決で購入してみました。


で、その率直な感想はというと・・・


個人的には、勉強になるところも多かったし、
買って良かったです。


ただところどころ

「自分だったらこう考える」

「こういう考え方も知っていればもっといいだろう」

と思える部分もありました。


その辺りに関しても後々追求していきますが、
コピ-ライティングに関心がある人なら
きっと僕と同じで「買って損はなかった」と思える内容だと思うので、
手に入れる価値は大いにあるんじゃないかと思います。


アップセル(バックエンド?)として、
購入直後に「合宿」や「セミナ-」のオファ-があるので、
そういうのに参加したい人にもおすすめです。


まぁその辺までおすすめするわけじゃありませんが、
つまりは「THE ESSENCE(エッセンス)」は
そのバックエンドを売るためのフロント商品ということになりますね。


ただフロント商品としてこのような良質なコンテンツを提供している分、
個人的には、「THE ESSENCE(エッセンス)」は
あえて期間限定にしないでもいい商品だと思いました。


安価な価格で期間限定で販売する手法は
Catch the Webさんがよくやるパタ-ンですが、
いいコンテンツは長期的に売り続けていってほしいな-っていうのが僕の個人的な感想。


まぁ、それぞれの考えで戦略があるのでそれはいいんですけど、
「THE ESSENCE(エッセンス)」は期間限定なので注意した方がいいですね。


「THE ESSENCE(エッセンス)」の内容



内容自体は、割とこれまでのコピ-ライティング教材で学べるような話が多いので、
(特に0章〜3章くらいまで)
コピ-ライティングに関心のある人にとっては
さして真新しい情報とかはないかな、と思います。


ただ、そこからの

・第4章 メ-ルライティング

・第5章 サイトライティング

の講義に関しては、かなりレベルが高く勉強する価値はあるな、
と率直に思いました。


レベルが高いというか、確かにセ-ルスレタ-でもあるように
”本質”みたいなところは学び取れる内容だと思います。


特に真新しい情報があるわけでもないんですけど、
内容の深堀がされているので普通に参考になりました。


「THE ESSENCE(エッセンス)」
の醍醐味はこれらのパ-トに集約されていますね。



ただ、個人的には「僕だったらこう考える」
というような部分もいくつか見受けられたので、
その辺に関する言及をこの記事でちょっとしておこうかな、と思います。


「THE ESSENCE(エッセンス)」の「ペルソナ設定」の部分が気にかかった




ともさんの「THE ESSENCE(エッセンス)」では、

「ペルソナ設定は必ず行ってください」

というようなことを伝えています。


ペルソナとはつまり

「自分の商品の顧客となる層の中で中心となる人物像」

のことを指します。


・代表的な人物を決める
・細かく設定する
・年齢、役職、家族構成



タ-ゲットのこういう部分まで設定して”一人の人物”までタ-ゲットを絞り込み、
その一人のタ-ゲットに向けて文章を書いた方が訴求力が高まり、
反応が上がりますよ、・・・というのがペルソナ理論のおおまかな概念です。


ここは一見「なるほど-」というポイントだし
「どのメディアでどんなタ-ゲットに向けて何を紹介するのか」
によっても変わってくるポイントですが、僕の場合は逆に


「余計なペルソナ設定は定めなくてもいい」


というようにクライアントさんとかに教えることが多いです。


何故なら、むやみやたらに
「29歳、女性、神奈川在住、子どもが2人いて・・・」
みたいにペルソナを設定しすぎてしまうと、書く記事が

「その人だけにしか訴求できなくなるコピ-」

になってしまう可能性が高いからです。


「いや、そういう特定の人に深く刺さるコピ-を書くべきなのでは?」

という疑問を持たれる方もいるかもしれませんが、
特に初心者の人がこのようなヘタなペルソナ設定をしてしまうと、
かえって的外れな文章になってしまうケ-スが高いんですね。


例えば、極端な話で言えば、

「40歳男性で、会社員、家族構成は妻と子ども一人で・・・」

というようなペルソナをこっちの都合で勝手に設定してしまうと、
その客層にしか反応が得られないコピ-になってしまいます。


必要のない場面で

「あなたも毎日満員電車で疲れて大変ですよね・・・」
「お子さんも大きくなって、大変だと思います」

とか言われても、


「いや、俺、車通勤だけど・・・」
「子どもいないけど・・・」

のように、不必要に随所随所で反応を落としてしまうような原因になります。


なので、ペルソナを設定してメリットがあるケ-スは、
訴求する商品とそれを売る市場に対して、
揺るぎない統計デ-タとかがある場合に限ると思います。


あとは、そもそも売る商品が
そのペルソナ像にピタリとマッチした商品である場合とか。
(”40歳からの脚やせダイエット”みたいなやつとか)


だから「エッセンス」で語られているペルソナ理論を
実際にコピ-に活かすとするなら、


記事を分けてそのペルソナごとに訴求できるような書き方をする


とか、そういうことをする時に限って有効な考え方なのかな、
と思いました。


少なくとも僕みたいな個人アフィリエイトブログとかで
むやみやたらにペルソナ理論を参考にするメリットはありません。


そうするとかえって訴求できる人にまで訴求できなくなりますから、
この辺に関する補足は必要だな、と思いました。


あくまで”タ-ゲットの悩みや願望”に焦点を当てて文章を書いてこそ、
より多くの人に、深く訴求できるコピ-になるということです。


「THE ESSENCE(エッセンス)」にもっとこうしたほうがいい点



また、「THE ESSENCE(エッセンス)」の
「サイトライティング」のパ-トとかを見てて、

「これだとちょっと足りないな」

と思う点も少なからずありました。


足りないわけじゃないんですけど、
個人のアフィリエイターが自分のブログを運営していくにあたって、
この「サイトライティング」の章だけを参考にしていっても、
結果を出していくのはなかなか難しいんじゃないかと思います。


理論的には素晴らしい内容なのですが、
僕的にはある部分が欠けているんですね。


まぁ「結果を出せない」とか言いすぎですけど、少なくとも

「プラスアルファでもっとこの理論を盛り込んだほうがいい」

と思える点もあったということです。


それが何なのかっていうと、

「キャラクタ-設定」の部分とか「情報発信者としての立ち位置」

の部分です。


僕なりに

「この理論も併せて理解しておくといい」

という考えがあるのですが、その詳細に関しては、
購入者特典として別途レポ-トで詳しく解説しようかな...
と思っています。



「THE ESSENCE(エッセンス)」買うならこちらの特典付きで



なんだか煮え切らないレビュ-記事になってしまいましたが、
全体的にはライティング教材としては普通に悪くない内容だったと思います。


ただ記事内にも記載しましたが、僕なりに

「THE ESSENCEと併せて学んで欲しいコンテンツ」

もいくつかあるので、
その辺を特典としてお付けしたいと思っています。


・・・と思っていたのですが、

ちょうど僕のクライアントでもある知人と
つい先日このエッセンスに関するお話をしていて、
その知人が、僕がここで挙げた

「THE ESSENCEと併せて学んで欲しいコンテンツ」

を特典として色々まとめてくれたので、
今回はそちらを紹介したいと思います。


特典付きでTHE ESSENCEを購入するならこちらがおすすめ



この人がお付けしている特典コンテンツが
僕がこの記事でお伝えしてきた

「THE ESSENCEと併せて学んで欲しいコンテンツ」

にあたるものですので、
せっかく購入されるなら彼女からの特典付きでの購入をおすすめします。


ということで、今回は「THE ESSENCE」の
率直な感想などを書いてみましたので、
1つ参考にしてみてください。



岡本でした。




【追伸】

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法を
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも質の高い情報や、
少し秘匿性の高い情報などもシェアしていると自負しております。


登録は無料なので、興味があればぜひ。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

メルマガ講座に登録して無料レポートを受け取る

メルマガバナー

小西玲太朗さんのThe NewAGE Project「そこはウソだろ」と思った部分

岡本です。

ネットビジネス業界では、

小玉歩さんがインタビュア-を勤めて、
小西玲太朗さんが開催する

「The NewAGE Project」

というオファ-が盛り上がっているようです。


僕も最初はあんまり気にしてなかったんですけど、
なかなか質問やお問い合わせも多くなってきたので、
実際に動画を視聴して僕なりの見解を述べて見ました。



小西玲太朗さんのThe NewAGE Projectを見た感想




とは言っても序盤はどうでもいいことばっかり言ってそうだから
ロクに動画をみてませんけど、
僕は第4話と第5話くらいを倍速で視聴したくらいです。


で、なんとな-く、
今回のプロジェクトの全貌はある程度は理解できたんですけど、
それでもやっぱり

「これに参加した人が大金を稼げるイメ-ジ」

が全く湧いてこないんですよね。


今回の「The NewAGE Project」ではしきりに

『3000人で300億円作る』

っていうことしか言ってないんですけど、肝心の

「参加者がどのくらいの仕事をしたらどのくらい稼げるのか」

が全然理解できないんですよね。


なんか「ビバラビバ」(笑)っていう名前のそれらしいツ-ルの説明とか、
「あなたが行う作業はこの話題に答えて拡散するだけ」

とか、

「役割分担した上でマネタイズチ-ムがいるからマネタイズは簡単」

みたいに、”そこに触れてるっぽい説明”はありましたけど、
結局のところ


「じゃあそれをやったら私はいくらもらえるの?」


という部分が僕には全く理解できませんでした。


そんな説明以上にただ漠然と「みんなで目指す」とか
「一人1000万円受け取ってください」とか言ってて。


このことを小西さんに言ったら、きっと

「やる気が足りないから、あと100回くらいは動画をみてください」

だなんて言われそうですけど、
多分、僕の脳みそなら全ての動画をそれぞれ100回くらい観たとしても

「参加者がどのくらいの仕事をしたらどのくらい稼げるのか」

は一切理解できない自信があります。


これってやっぱり、
僕がThe NewAGE Projectのこれまでの動画を
すっ飛ばして視聴したからなんですかね?

あるいは倍速視聴したから?

理解力が乏しいから?


・・・いやいや、

僕が間違ってなければ、多分、小西玲太朗さん、
おそらくここまで

「そのことについてあんまり触れないようにしてる」

んじゃないかな?って思います。


いいから、「どうやって稼ぐのか」をもっと詳しく教えてくれ



要は、話題をズラしてデッカい話ばかりに終始してるんじゃないかと。


僕の見解としては、このプロジェクトは、
「ついに全貌を公開!」とか言ってるものの、
全然肝心なポイントについては触れてないような印象を受けました。


何かの意図があってそんなことをしてるのかもしれませんが、
おそらくその”意図”は運営者側の都合である可能性が非常に高いです。


だって、きちんと”そっちの話”、つまり

「参加者がどのくらいの仕事をしたらどのくらい稼げるのか」

を明確に説明した方が、
どう考えても参加者側は「稼げるイメ-ジ」が湧きますよね。


「このプロジェクトに参加すれば自分も稼げる!」

っていうイメ-ジが湧いてこそ
申込者が殺到すると思うんですけど、
なんでその情報を真っ先に伝えないんでしょうかね。


これはあくまで僕の推測ですが、
今回の「The NewAGE Project」は、

「参加者がどのくらいの仕事をしたらどのくらい稼げるのか」

という「稼げるイメ-ジ」に繋がるような情報を
そもそも持っていない
んじゃないのかな、と。


つまり、最初っから「参加者が大金を稼げるようなシステム」は
そもそも持ち合わせていないということだと思います。


あるいは

「それを言っちゃったら参加する人がいなくなるからあんまり深くは喋れない」

とか。


だからこそ、その点をやたらとぼやかして

「3000人で300億円稼ぐ」

みたいなデカい話で話題をズラしてるだけなんだと思います。


で、きっとこの見解はおそらく普通に正しいです。


別に、僕だって無根拠にそういうこと言ってるわけじゃなくて、
経験上、この手の高額案件につながるオファ-のほぼ大半がそうだから
こういうことを伝えているわけですね。


基本、こういう

「肝心なところを隠して(はぐらかして)売る」

というやり方はこの手のキャンペーンの常套手段で、
そうやって売られてる高額塾とかはほぼ100%

「話が違うじゃないか!」

というパタ-ンで参加者が泣き寝入りしてしまいます。


「でも小西さんは本気の本気だから、今回は他の高額塾とは違う!」

って強く思う気持ちもまぁわかりますけど、
あくまで個人的には、経験則から言っても

「きっとこれに参加した人は全員が全員、後悔するんだろうな-」

って目論んでます。多分普通にそうなりますけど。


でも「仕事もらえる」んだったらいいんじゃない?(笑)



でも仮にこの「The NewAGE Project」が
役割分担として「仕事をもらえる」ようなプログラムだとすれば、
仕事探してる人とかからすればいいオファ-なんじゃないでしょうかね。


(いや、もしかしたらそもそもとして
そういうオファ-じゃないかもしれないですけど、
だったらいよいよ”どうやって報酬が振り込まれるのか”
が謎なプロジェクトです)


確かに、参加者全員に仕事くれるんだったら、
まさに「全員稼げる」可能性も普通にあるんじゃないかな、って思います。


まぁ、動画にあった

「これをインスタグラムで拡散してくれ」

みたいな作業で、果たしてそれをやったらどのくらいの利益が
自分自身のところに入り込んでくるのかはわかりませんが。


でも実際、ネットビジネスでなかなか稼げない人たちって、
結局のところ

「誰かから仕事を与えてくれないから動けない」

っていうのが一番の原因になってるんじゃないかとよく思います。


多くの一般的な人は「人に雇われて働くこと」に慣れてるから、

「やるもやらないも自分次第」

っていう、”起業家思考”で動くっていうのがかなり難しいんですね。


ただそもそもこのオファ-、そうやって

「やるべきことを与えてくれて、それに見合った給料を払ってくれるプロジェクト」

だとしたら確かにお金欲しい人にとっては
ありがたいプロジェクトだと思います。笑


そうだとしたら、友達とかお金欲しい人に紹介する価値アリかもです。


ただ、少なくともこれは

「起業家になるためのプロジェクト」

じゃないのは間違いないです。


起業家って言ってしまえば
「自分で仕事を生み出す人」
だと言ってもいいと僕は思います。


でもこれは明らかに

「私、何もできない初心者なんです」

みたいな人に向けたキャンペーンですから、
きっとその先で待ってる仕事は
アルバイトとかと変わらない仕事なんじゃないかと思いますよ。


「参加者全員が1人1000万円を平等に受け取れる世界」を想像してみた



そんな感じで、
やたらと”他力本願な人”ばっかり狙って集めようとしてますけど、
結局、小西玲太朗さん・運営者側からすれば、ただ単純に

「従業員を集めてるだけ」

あるいは

「このオファ-の申し込みで徴収する参加費で稼ぎたいだけ」

だと思うんですよね。


しつこいくらい「3000人で300億円儲ける」って言ってますけど、
仮に300億円儲かったとして、
そのお金をフラットに全員に平等分配するつもりなんでしょうかね。


なんかよくわかんないんですけど、
そんなことはまず100%あり得ないわけです。


結局、どんな仕事するにしても、
なんらかの価値を提供できる実力がない人間が
大金をもらえるなんて話、普通に考えてあるわけないですよね。


めちゃめちゃすごいシステム作りに関与したプログラマーと、
SNSでただ拡散ボタン押すだけの初心者さんが、
全く同じ報酬をもらえる世界って、不平等にもほどがあります。


「役割を分担する」とか言ってますけど、
それで「一人につき1000万円」はどう考えても不可能でしょう。


それってつまり「頑張った人が損をする」っていう仕組みです。


そんなことが起こったらブ-イングの嵐で革命が起こりますよ。笑


OREJUKU2.0を特典として丸ごとプレゼントするらしい



で、これは補足なんですけど、
今回の「The NewAGE Project」に参加すれば、
特典として小西玲太朗さんの過去に販売していたコンテンツとか、
そういうのも色々と受け取ることができるみたいです。


その中の一つで気になったのが、
「OREJUKU2.0」っていうコンテンツ。


これは過去に僕の記事でも取り上げたことのある高額塾です。

「OREJUKU2.0」の記事


「なぜならOREJUJKU2.0を一生懸命受けた人の中から数百名月収100万円を余裕で上回っているし、その中に数千万円稼ぐ人間が生まれているからです」


小西玲太朗さんは動画の中でこのようなことを言ってますけど、
これは、多分、普通にウソです。


ウソじゃないとしたら所々の”言い回し”を工夫してるだけですかね。


僕は実際に「OREJUJKU2.0」のコンテンツを
3ヶ月分くらいみたことあるんですけど、ハッキリ言って、

「あれを学んだところで月収100万円超える」

っていうのは現実的に「ムリ」だと思います。


別に講義自体の中身がスカスカ、
とかそういうわけじゃないんですけどね。


でも講義自体が抽象的だし、あれを受講した人間が
いざそこで学んだことを落とし込んでビジネスに活かせるか、
っていうと、そんなイメ-ジはどう考えても浮かばないし、
それはどこをどうひっくり返しても「ムリ」でしょう。


仮に月収100万円とかそのレベルを達成した人間がいるとしたなら、
その人はおそらくOREJUJKU2.0に参加しなくても勝手に成功しているか、
あるいは最初からそのくらいのレベルの人間だということです。


もしくは成功哲学の本を読んだだけで成功できる人とか、
そういうレベルですよ。


「OREJUJKU2.0を学んで稼げないだなんて、それはお前のステ-ジが低いからだ」

と言われれば、まぁそれまでですが、少なくとも

「OREJUJKU2.0を一生懸命受けた人の中から数百名月収100万円を余裕で上回っている」

っていうのは明らかにウソなのは間違いないと思います。


むしろそんな人一人もいないか、
いたとしても強引に広告塔などに引き上げられた身内数名とか、
そういうレベルでしょう。


別にこのコンテンツはオマケですから
どうでもいいかもしれませんけど、小西玲太朗さんは

「そういうコンテンツに対してそういう言い回し、
そういう売り方を平気でしちゃう人」

っていうのは知ってていいと思います。


まぁそれが悪いとは僕も思ってないですけど。


小玉さんとか小西さんってムチャクチャ売る能力高いですし、
大抵のオファ-も超高額なので、
できるだけ一歩引いた姿勢でいた方が堅実だと思います。


The NewAGE Projectの僕の見解まとめ



やっぱ、いろいろ動画とかでノウハウの説明を見る限りは、
今回のThe NewAGE Projectも、普通に今までによくあった
高額塾とかとあんまり性質が変わらないようなものに思えます。


普通に考えて、頑張ってない人に
1000万円もあげる人なんているわけないじゃないですからね。


でもそうじゃなく、
「やった作業に対してきちんと報酬を支払ってくれる」
のであれば、そういうシステムはあっていいんじゃないかな-って思います。


まぁそれだと参加者が参加費払わなきゃいけないのが
意味がわからなくってくるし、
根本的に話がおかしくなっちゃうんですけど。笑


なんでこっちが労力差し出して仕事手伝うのに
こっちが参加費払うんだよっていう。


でもまぁ、はっきり切って、

「何をやっても稼げないんです」

みたいな初心者さんは、
人から仕事もらってお金を稼いだ方がよっぽど稼げるんじゃないかな、
ってよく思います。


・・・ってなるとこの「The NewAGE Project」の話とは
ズレてきているような気もしますけど、
第5話まで見た僕の見解としては、総じて

「よくわかんないオファ-だな」

っていう印象です。


だって、何も言ってないに等しいんですもん。


少なくとも僕は「参加者に仕事を与えてくれる」
みたいな趣旨のプロジェクトなのかな-って
最初は勝手に思っちゃったんですけど、
そうでもないみたいですし。


はっきり言って何をさせたいのかもわからないし、
よくわかんないです。


なんかもう、ネットビジネス業界のオファ-って、
売るためにあれこれ「切り口」変えすぎてて、
「存在意義」すらよくわかんなくなってきました。笑


まぁ、いずれにしても

「何の価値も提供できてない人間に大金は舞い込んでこない」

のは言うまでもないので、
どうしても参加するんだったら覚悟しておいた方がいいと思います。


で、実際に参加して、何らかの成果が出たのであれば、
僕の方にも「ざま-見ろ!」でも何でもいいので、
内容を教えてくだされば嬉しいです。


それでは、岡本でした。




【追伸】

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法を
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも質の高い情報や、
少し秘匿性の高い情報などもシェアしていると自負しております。


登録は無料なので、興味があればぜひ。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

メルマガ講座に登録して無料レポートを受け取る

メルマガバナー

これはオススメ!疾風アフィリエイト(込山剛史)レビュ-と特典

岡本です。

割と今更感のある教材ですけど、物販アフィリエイト教材のジャンルにあたる

「疾風アフィリエイト」

を購入したので、レビュ-してみます。


疾風アフィリエイト(込山剛史)



iar.png


商品のセ-ルスぺ-ジ

疾風アフィリエイトはなかなか有名な教材なので
もちろん名前や評判は知ってたんですけど、
シンプルに「俺、物販はやらんしな」という理由で持ってませんでした。笑


ただちょっと、先日、たまたまとある場で
疾風アフィリエイトの販売者である
込山剛史さんとお会いする機会があって、
評判も高い教材だったので、これを機に買ってみることにしました。


で、早速中身を読んでみたんですけど・・・


評判通り、かなりオススメしたい教材の一つだな-って思いましたね。


特にネットビジネスやアフィリエイトの

”ス-パ-、ス-パ-超初心者さん”

には、ぜひここから始めてもらいたいと感じました。


疾風アフィリエイトの特徴といえば”リアルガチのパソコン初心者向け”という点



疾風アフィリエイトの最大の特徴なんですけど、本当に、マジで


「今日初めてパソコン買いました」


くらいの初心者さんまで目線を落として教材が作り込まれているんですよね。笑


僕もこれまで数多く情報商材を見てきていましたが、
こんなに丁寧で超初心者向けな教材っていうのも
珍しいんじゃないかと思います。


タイピングから、パソコンの選び方から、
マジで「これでもか」っていうくらい丁寧に解説されていますから、
そういう超初心者さんにとっては
かなりありがたいマニュアル構成じゃないかと思います。


もちろん、そこまでの初心者じゃない場合は
それらのパ-トは任意で飛ばしていっても構いませんし、
パソコン初心者じゃなくとも十分満足してくれると思います。


ただ、疾風アフィリエイトに対して
僕が好印象を持ったのはここだけじゃなくて、とにかく


「ネットビジネス初心者に対する心構え、マインドセット」


の言及が特にいいな-と感じました。


もちろん、有名どころのその他情報商材でも、
「マインドセット編」みたいなパ-トが
組み込まれてるものは多いんですけど、
疾風アフィリエイトの場合は、
他の情報商材と比べても特に共感できる部分が多かったんです。


やたら”熱意”が伝こもってるというか、
とにかく読んでるだけでビシビシと
販売者さんのエネルギーが伝わってくるんですよね。


”物販アフィリエイタ-”としてのプライドとか、
アフィリエイターとしての矜持をまずは持ってもらおう、
というような込山剛史さんの意図が感じられます。


これって、理論的な話ではなくて、
多分、込山剛史さん自身が実際に

”このノウハウで結果を出してきた人間”

だからこそ、読み手にとって
ガンガン伝わってくるんじゃないかな-って僕は思うんですよね。



愚直にこの教材通り実践する方が結果が早いと思う



なので、もう、他の人の言うことには目もくれず、
ただ疾風アフィリエイトのマニュアルの中で言ってることを、
超愚直にこなしていく
方が高い確率で結果を出していけると思います。


むしろそれこそがこの教材で稼ぐための唯一のポイントですね。


ここまでやることを示してくれてたら、
かえって取り組みやすいと思います。


結局、情報発信とかの実践で手が止まってしまう初心者って、
「次に何をやっていいのかわからない」っていうより、


「やるべきことはいっぱいあるはずなのに難しそう」

「めんどくさそうでどうもやる気になれない」


っていう状態のケ-スが多いですからね。


疾風アフィリエイトの場合だと、マジで一つ一つ、
上から順に、もれがないようにコツコツと
実践を積み立てていくだけで作業を進めていくことができるので、
こういうマニュアルの方が向いている人も数多くいるんじゃないかと思います。


疾風アフィリエイトってどんな手法?



疾風アフィリエイトがどんな手法かというと、
一言で言ってしまえば”量産型物販アフィリエイト”
といったカテゴリーになりますかね。


特に難しい技術が必要なく、
作業した分だけ稼げるのが特徴なので、
やる気さえあれば誰にでも、
どんな初心者にでもできる
っていう手法。


これを実践させるつもりだからこそ、
マインドセットなどの解説に力を入れてたってことなんですね。

納得です。笑


セ-ルスペ-ジのヘッドコピ-では

「PC初心者が最速で毎月6ケタ稼ぐための物販アフィリエイト戦略」

というフレ-ズがありますが、
まさにその通りって感じのマニュアルでした。


僕の知ってる教材の中では
「イメ-ジングアフィリエイト」
と方向性としては似ています。


もしくは「ルレア」のショ-トレンジとも言うべきか、
まぁ、いずれにしてもいろんな物販アフィリ教材で言われる
”量産型”の戦略を追求したノウハウが解説されています。


ただ”取り組みやすさ”で言っても、
イメ-ジングアフィリエイトよりもルレアよりも、
更に上回ってるかな-と感じました。


もちろん、人それぞれの向き不向きにもよると思うんですけど、
「疾風アフィリエイト」の場合は、


「とにかく実践者のことを常に考えながら作成したんだな-」


っていうのがビシビシと伝わってくるんですね。


たかがPDFのマニュアルなのに、
このマニュアルを通して販売者である
込山剛史さんの”愛”を感じるというか(笑)。


とにかく、ここまでPDFマニュアルだけで
親身になってくれてる教材っていうのも
なかなかないんじゃないかと思います。


なんか、”愛”とかバカげたこと言ってるように
聞こえるかもしれませんけど(笑)、
そのくらい、全体を通して親切なんですよ。この方。


にも関わらず、ただ親切なだけじゃなく、
解説されているノウハウの有用性も高いです。


全体を通して「そこはどうかな-」とか思う部分もほとんどなく、
終始「なるほど、なるほど」と感心させられる教材でした。


僕のところにもよく


「自分は、初心者ですけどやる気だけはあります。
時間も可能な限りアフィリエイトに費やすことができます!」


というメッセ-ジを下さる方も結構いるのですが、
そういうタイプの人にはまさにピッタリな教材なのかな、と思います。


これが僕みたいな情報発信ブログ(あるいはパワ-ブログ)
みたいな手法だと、いくらやる気とか時間があっても
「手が進まない」みたいなことは日常茶飯事でありますからね。笑


自分自身の労力をダイレクトに報酬につなげたいんだったら、
情報発信系ブログやパワ-ブログを構築していくよりも、
この手の”量産型手法”の方が向いてるんだな、と改めて感じました。


疾風アフィリエイトの上級編も秀逸



物販アフィリエイトの世界では、戦略の違いによって、

「量産ブログ」と「パワ-ブログ」

というように分類することが多いです。


あるいは

「ショ-トレンジ」「ミドルレンジ」「ロングレンジ」

と分類することもあったりするんですけど、
大きな違いは、呼称からもわかるように


・ブログを量産し、1つのブログごとに小さい収益を狙う量産型

・一つのブログに質の高い記事を入れて育てていくパワ-型


という感じです。


疾風アフィリエイトのべ-スとなっている戦略は「量産型」ですが、
上級編ではその上のパワ-ブログや
その中間の”中型ブログ”で稼いでいく戦略も紹介されていて、
そのあたりもなかなか勉強になる部分が多いな、と感じました。


まぁ、そもそも僕自身は淡々とした作業や、
疾風アフィリエイトのような「量産系の作業」は
マジに性に合ってないタイプなのですが、
疾風アフィリエイト本編を読めば読むほど、


「確かに、初心者の人には量産型の方がいいかもな」


と思えてくる説得力や合理性があるんですよね。


とにかく基本的には

「作業量に比例して収益を得ていくことができる」

のが量産型ですから、

難しいスキルを習得していない初心者が稼いでいくんだったら、
やっぱりこの手のノウハウが合理的なんじゃないかと思います。


”量産”って聞くだけで多くの人は
そんなノウハウを避けてしまいがちだと思うんですけど、

かといって文章も書けない(書きたくない)、
みたいな感じだと、どこをどうやっても
そんな人はネットビジネスでは稼げないですからね。笑


だから、特別高いスキルなどが一切不要で、
まさに「頑張った分だけ稼げる」という特性のある
”量産型”から実践すべき人も多い
んだな、
と疾風アフィリエイトを読めば読むほどしみじみ思いました。


もちろん、僕みたいに

「量産とか淡々とした作業とかはマジでムリだと思う」

という人や、

初めから”文章を書くこと”と
しっかり向き合っていく覚悟のある人であれば、
最初からでも僕の媒体みたいな「情報発信ビジネス」や、
物販パワ-ブログからスタ-トしていくことをお薦めしたいところです。


でも、


・”質の高い記事を書く”ことができるか不安

・ネットビジネス超初心者で、淡々とした作業も苦じゃない

・最初は愚直に”ノウハウ通り”に歩みを進めていきたい

・”まずは報酬を発生させること”にフォ-カスしたい


というような人にとっては、
「疾風アフィリエイト」はまさに最善のバイブルなんじゃないかと思います。


アフィリエイトの基礎的な知識やスキルも学べるし、
報酬もそれこそ”最速”でゲットしていくのにも合理的な手法です。


いずれにしても、「マインドセット編」を入手するだけでも
かなり価値のある優良教材だな-と感じましたしね。笑


少なくともこれだけでも

「アフィリエイトで稼ぐって甘くないんだ」

ってことが理解できると思いますし、
全てのアフィリエイト実践者にもぜひ読んでもらいたパ-トです。笑


割と有名な教材なので、名前は知っていたものの、
こんなに質の高い教材だとは思ってませんでしたよ。笑


それなりの経験を積んできた今の僕でさえ
「買ってよかった」と心底思えましたし、
超初心者にはぜひオススメしたい教材ですね。


非常にオススメできる教材です。


疾風アフィリエイト 岡本からの特典



  • 特典1 疾風アフィリエイト本編よりも効率の良い
    キ-ワ-ドリサ-チテクニック(PDF49ぺ-ジ)

疾風アフィリエイトのキ-ワ-ド選定ノウハウは、
どちらかと言えば”効率性”よりも”数でゴリ押しする”という戦略です。


これはこれで僕も賛同できる考え方なのですが、
実はこの手法にほんのちょっとの手間をかけるだけで
より効率よくキ-ワ-ドを狙っていけるようになります。


このテクニックを知ってるのと知らないのとでは
1日の作業時間、ひいてはその後の収入に格段の開きが出てきますので、
このレポ-トでぜひそのポイントを抑えておいてください。

  • 特典2 ”トレンドキ-ワ-ド”を盛り込むテクニック/strong>


こちらの特典では、

”爆発的なアクセスが集まるトレンドキ-ワ-ド”

を盛り込むための思考や方法論を解説しています。


「疾風アフィリエイト」のノウハウに応用して、
いわゆる「トレンドアフィリエイト」テクニックの
”いいとこ取り”をしてしまおう、というコンセプトの特典ですね。


疾風アフィリエイトのネタの見つけ方は
効率も良いし収益性も高いですが、
こちらのトレンドテクニックを複合させることで
より早い集客効果を見込めるようになります。

  • 特典3 商品名キ-ワ-ド”以外”からアクセスを呼び込むキ-ワ-ド戦略レポ-ト

こちらは、疾風アフィリエイト本編で解説されている
いわゆる”初級編”から、さらに派生させて
収益を伸ばしていく戦略を公開しています。


基本的には物販アフィリエイトにダイレクトに役立つノウハウになっていますが、
僕がやってるような情報商材アフィリエイトだけでなく、
あらゆる手法にモロに役立つ思考法とノウハウシェアしています。


ネットビジネスをやっていくんだったら
何をするにしても役に立つ考え方ですので、
ぜひここでマスタ-して収益を引き伸ばしていきましょう。


  • 特典4 情報発信ビジネスへ移行する戦略レポ-ト

これはちょっと前の僕が作成したレポ-トなのですが、タイトルの通り、

「このノウハウで月10万円稼いだ後、いかにその収益を伸ばしていくか」

について書いたレポ-トです。
(また見返して内容を改変していく予定です)


結局、量産型のノウハウで稼ぎ続けるのって、
どうしても労力を使い続けなきゃいけない「バイト状態」だと思うし、
いつかどこかで「自動化」を目指していくべきだと僕は考えています。


そこで、この特典では


・情報発信ビジネスの集客戦略全体像

・アドセンス、物販系アフィリエイトサイトで作成したアクセスを
”長期的な資産”に換える戦略

・6記事しか入れていないのに100アクセスに
1本のペースで情報商材を成約させ続けているサイト作成事例

”・考えうる最短ルート”で情報商材を成約させるアフィリエイト戦略


などについての考え方やノウハウを提供しています。


もちろん「初心者向けノウハウで稼いだ後どうしていくのか」
は人それぞれの任意ではありますが、その後、

「このノウハウを売る側に廻る」

ことに関しては僕の得意分野でもあるので、
ぜひこちらも見据えながら日々の実践に取り組むようにしていってください。


  • 特典5 ブログ添削・アドバイスメ-ルサポ-ト

疾風アフィリエイトの実践にあたって、
僕の方からも作成した記事に対しての添削やアドバイスも受け付けています。


期限などは特に定めませんが、この教材なら
「まず稼げないことはないだろう」という確信がなるので、

「せめて月10万円稼げるまで」

は無制限でサポ-トさせて頂きます。


こちらもぜひご利用ください。


ということで、僕の方からは


特典1 疾風アフィリエイト本編よりも効率の良いキ-ワ-ドリサ-チテクニック
特典2 商品名キ-ワ-ド”以外”からアクセスを呼び込むキ-ワ-ド戦略レポ-ト
特典3 ”トレンドキ-ワ-ド”を盛り込むテクニック
特典4 情報発信ビジネスへ移行する戦略レポ-ト
特典5 ブログ添削・アドバイスメ-ルサポ-ト


以上のコンテンツを特典として提供させていただきます。


「まずは月10万円」を目指すのであれば
疾風アフィリエイトほどベストな教材はないな-と思いますから、
ここをスタ-トラインにぜひ気合い入れて頑張っていきましょう。


疾風アフィリエイト(岡本特典付き)購入はこちら





【追伸】

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法を
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも質の高い情報や、
少し秘匿性の高い情報などもシェアしていると自負しております。


登録は無料なので、興味があればぜひ。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

メルマガ講座に登録して無料レポートを受け取る

メルマガバナー

Copyright © 副業スタイルで稼ぎ出すためのネットビジネス講座 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます