岡本です。

「ステップメールを作る上で参考にされている教材はありませんか?」

っていう質問を比較的よくいただくんですけど、
今回は、その「ステップメール」についてお話ししたいと思います。


ちなみに、今の僕の場合は、
今のステップメールで特にこれといって参考にしている教材はありません。


もちろん、ステップメールのノウハウを勉強する
っていうのも結構大切だとは思います。


でも、今僕が教えているやり方としては、
こちらの記事にもある通り、


「ステップメールのシナリオなんて考える必要はない」



という方針でコンサルしている方にもアドバイスしています。


なぜそんな結論に至ったのか、と言う部分も含めて書いていますので、
興味があったら読んでみてください。


そもそもステップメールって?その本質についても考えてみた



そもそもステップメールっていうのは、
メルマガの自動配信をしてくれる機能です。


「◯日後の◯時に送信してね」というように自動で事前設定できるので、
メルマガに登録してくれた人に対して1通1通その都度配信する
っていう手間が省けるから非常に便利な機能です。


僕自身も数十通はステップメールとして組んでいるので
メルマガに登録してしばらくは僕が過去に書いた記事が
自動で流れるようになっています。


っていうのがステップメールそのものの仕組み。


こういう機能なもんだから、よくネットビジネス起業家たちは


「ステップメールを使えば寝てる時も遊んでる時も
自動で収益が上がります。ほったらかし!」


というフレーズでステップメール系の教材やらメルマガスタンドやらを
セールスしてきます。笑


まぁこれはこれでそれなりに事実だからそれはいいんですけど、
この機能だからこそ活用できるステップメールの魅力である、

「シナリオを組める」

というポイントですね。


ステップメールを組むにあたって何らかの教材を探している人は、

「ステップメールのセールスシナリオの組み方」

というノウハウを求めてるんだと思います。


で、冒頭に僕は「ステップメール教材は参考にしてない」
だなんて言いましたが、つまりそれは


「ステップメールのシナリオの事なんて考えなくていい」


っていうことも僕は主張しているつもりでもあります。


慣れてないうちほどステップメールは組まないほうがいい




僕も一時期はステップメールを勉強するために
いろんな教材を買って勉強していました。


その時、特に参考にしていたのは


・新世界アフィリエイト
・扇動マーケティング


とかですかね。


いろいろ工夫して、いろいろ頑張っていました。


「何通目にこういうこと言って、何通目にセールスを仕掛けて…」


みたいな感じでですね。笑


それで成約率15%を出せるまで修正の繰り返しだ!
だなんて感じで頑張ってたんですけど、
結果として、大した意味なかったんじゃあ…
っていうのが僕なりの結論でした。


確かに、ストーリー仕立てにして商品成約まで誘導するのに
ステップメールのシナリオを組んでうまくいくかもしれません。


でも、


「そこまでしなくても普通に稼いでいける」

っていうのも事実なんですよね。


普通に、普段からブログで相手の役に立つような記事を書いてるんだったら
「ブログ更新しました。」程度のメールを送るだけでも
相手からすれば十分に価値を感じてもらえるようになれるはずです。


あと、先ほど紹介したこちらの記事でも書いたように、

ストーリーを考えたり、シナリオ組んだりするのって、
やっぱり結構難しいんですよ。


その苦労の割に思ったよりも反応が取れないなーっていうのは
経験上思っていたことですし、
僕が教えていた人達もそんな感じの傾向にありました。


しかもライティング力って、
書いてるうちにグイグイと向上していくから
1ヶ月前に書いたステップメールを読みかえしただけで


「えっ、コイツ何言ってんの?」


みたいに、自分の文章が恥ずかしくなるほどショボく感じる、
だなんてことはかなり頻繁に起こります。


だからわざわざセールスシナリオを組むくらいだったら、
1通1通、登録してくれた人に対して
丁寧なメッセージを送るくらいのノリで書き綴っていく方が良い

っていうのが先ほどの記事の結論。


で、そんな過程のなかで
出来栄えの良い記事を逐次ステップメールにしていく、
という流れですね。


こっちの方が修正も聞きやすいし成約率も高い傾向にあるので、
現在の僕はこんな流れを推奨しています。


”ステップメールを教材で学ぶ”はなんか本質的じゃない気がする



というのに合わせて、

”ステップメールを教材で学ぶ”

っていう時点でなんか僕の考えとは
ビミョーに”ズレてる”気がするんですよね。


というのも、


「このシナリオに当てはめれば成約率が高まる」


みたいなのって、言ってしまえば”机上の空論”でしかないんですよ。


例えば「◯通目でこういうこと書きなさい」っていうのを
そのまま適応したところで、実践した当の本人が
本当にその教材通りにうまくいくかどうかなんてわかりっこありません。


なぜなら、教材の販売者さんと購入者の読者の属性は違うどころか、
メルマガに登録してくれた人なんて属性も考え方も、
何もかも人それぞれバラバラだからです。



そんな”不特定多数の人間”を相手にする場合に、
普遍的に通用する文章やシナリオなんて、あるはずがないんですよ。

(一応、人にウケやすい”ストーリーの原則”みたいなものは存在していますが。)


だからこそ、ステップメールは「シナリオやテクニックを学ぶこと」
が大切なんじゃなくて(ある程度知ることはいいと思いますけど)、


「自分自身の読者に向かってきちんと文章を書くこと」


を重要視することが最も本質的な部分なんじゃないかと僕は思います。



シナリオを組むよりも「セールスの仕組み」を学ぶべき:

少し前までは「悪魔のステップメール」
っていう古い教材があって(現在は販売中止)、

それがステップメール教材ではなかなか評判が良かったんですが、
あれもあれで販売者さんが直接文章を添削してくれるからこそ
高い評価を長年得続けていたんだと思います。


とはいえ、今からステップメール単品に
ガッツリと力を入れるくらいだったら、

ブログ構築に力を入れて

「どんな読者を集めるのか」

の方にエネルギーを使った方が効率的だと僕は思います。



だって、いくら最高レベルのステップメールシナリオを作り上げたところで、
そこへ集める読者の属性が思いっきりずれてたら
成約なんてなかなか生まれないですからね。


よく「成約率の高いステップメールを作らないといけない」
みたいに言いますけど、
成約率なんて読者の属性にガッツリ依存してきます。


いくら成約率100%のダイエット商材を売るようなステップメールだろうが、
ダイエットに興味ないような人に登録してもらっても全く意味ないですからね。


だから


「どんな読者を集めるのか」


の方が個人がやっていくアフィリエイトにおいては重要です。


こっちの方がダイレクトに成約率に影響してきます。


で、この「どんな人にメルマガ登録してもらいたいのか」っていうのは
正しいブログ構築ノウハウを学べばそれなりにコントロールすることが可能です。


個人で行うアフィリエイトの場合、
ブログをうまく利用すればメルマガへ登録してもらう時点から


「この人の話、もっと聞いてみたい!」


って思わせることができるので、いずれにしても


「成約率=ステップメールの完成度」


っていう公式は捨ててしまった方がいいと僕は思いますね。


読み手は”ステップメールのおかげでものを買う”ってわけじゃなくて、
”そこに書かれている文章によってものを買うまでに至る”、というわけですよ。


ステップメールっていうのは、あくまで便利な道具ってだけです。


なので、ステップメールを教材で勉強するのもいいですけど、
それよりももっと根本的な

「人はどういう時に商品を買うのか」

というような、心理的な”原則”の部分から理解していく方が
効率の良いアプローチだと僕は思います。


そういう部分を学ぶんだったら僕のサイトでは
やっぱりこちらの教材をプッシュしたいですね。


コピーライティングアフィリエイトプログラム


「正しいブログ構築ノウハウ」と「人が商品購入に至るまでの原則」

っていう部分が同時に学べるプログラムなので、
やっぱりいい教材だなーってしみじみ思いますね。笑


よかったら参考にしてみてください。


それでは、岡本でした。




【追伸】

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法を
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも質の高い情報や、
少し秘匿性の高い情報などもシェアしていると自負しております。


登録は無料なので、興味があればぜひ。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

メルマガ講座に登録して無料レポートを受け取る

メルマガバナー