一般書籍レビューのカテゴリ記事一覧

ネットビジネス初心者が副業からゼロから稼ぎ出すための情報商材、稼ぎ方についてシェアします。

カテゴリ:一般書籍レビュー

一般書籍レビューのカテゴリ記事一覧。ネットビジネス初心者が副業からゼロから稼ぎ出すための情報商材、稼ぎ方についてシェアします。
No Image

一般書籍レビュー
最近のインプットネタのマイブームとなっているアマゾンのキンドルアンリミテッドサ-ビスですが、ここに出版する電子書籍を利用してマ-ケティングをしているネット起業家さん達も数多いように思えます。今回はその中の1つ、山崎理恵さんという女性起業家の「女性のための伝説のコピ-ライティング」っていう本を斜め読みしたので、個人的な書評じゃないですけど、ここで語られている話に便乗して、僕なりの見解とかを勝手に語り...

記事を読む

一般書籍レビュー
岡本です。今回は神田昌典さんの「禁断のセールスコピーライティング」に関しての書評をしてみたいと思います。普段、このサイトでは主にネットビジネスに関する”情報商材”のレビューを中心に取り上げていますが、たまにはこういう一般書籍の書評もいいのなかーと思いまして。ちなみに僕はこのサイトなどを利用したアフィリエイトで生計を立てています。僕がやっているアフィリエイトは文章を書いて人に商品を紹介する活動なので、...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【追伸】

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法を
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも質の高い情報や、
少し秘匿性の高い情報などもシェアしていると自負しております。


登録は無料なので、興味があればぜひ。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

メルマガ講座に登録して無料レポートを受け取る

メルマガバナー

 カテゴリ
 タグ
None

山崎理恵さんの「女性のための伝説のコピ-ライティング」読んで感じたこととかなどを


最近のインプットネタのマイブームとなっている
アマゾンのキンドルアンリミテッドサ-ビスですが、
ここに出版する電子書籍を利用してマ-ケティングをしている
ネット起業家さん達も数多いように思えます。


今回はその中の1つ、山崎理恵さんという女性起業家の

「女性のための伝説のコピ-ライティング」

っていう本を斜め読みしたので、
個人的な書評じゃないですけど、
ここで語られている話に便乗して、僕なりの見解とかを勝手に語りたいと思います。


この電子書籍自体はアマゾンプライム会員になれば無料で読めるので、
もしよかったら読んでみてください。


女性のための伝説のコピ-ライティング


内容は・・・人によって感じ方が違うので、
参考になるかどうかはわかりません。


少なくともコピ-ライティング的に参考になるのか?
というとそんなことはない気がします。


キンドルの安いor無料の書籍はリスト取得目当てが多い



いずれにしても、Kindle Unlimitedの電子書籍は、
基本的にみんな「リスト取り」のために利用しているんですけど、
この本も、そのうちの1つですね。


少し前までなら、ネット業界なら「無料レポ-トスタンド」が主流でした。


でも、現在は無料レポ-トスタンドにアップするような
PDFレベルのクオリティのものでも、
その気になればいくらでも出版できるので、
電子書籍とはいえ「著者です!」って名乗って箔が付くのでいいと思います。


今から情報発信をやるんだったら、
キンドル出版はなかなかオススメですね。


決して多くないボリュ-ムでササッと読めるので、
何しからのヒントやノウハウなんかをササッと知りたい!
っていうような場合にはKindle Unlimitedは結構オススメです。


アンチ「キラキラ系起業家」に賛成



さて、Kindleの電子書籍はそんな感じなのですが、
今回はタイトルに「コピ-ライティング」って書いてあったので
ほぼ無条件で中身を覗いてみました。


まあ、中身自体は参考になるかどうかはわかりませんが、

コピ-ライティングの重要性とか、
「無名のままで売れていく」とか、
「キラキラするな」とか、
その辺の考え方やコンセプトなんかは共感できるところがありました。


「キラキラって何のこっちゃ」

っていうと、要するに、
SNSとかで生活自慢アピ-ルして
お客さんを集めようとしている人たちのことですね。


山崎理恵さんは、本の中で

「キラキラ起業女子」「キラリッチ起業男子」

と名付けていますが、
別に無理してキラキラアピ-ルしなくても稼げますから!

そうじゃなくて、コピ-ライティングが大切ですから!


・・・っていう主張がこの本で主張しているところです。


そのための具体的なコピ-の書き方とか、
そういうノウハウ的なものはほとんどなく、
(あったけどあんまり参考にならないかも)

集客用のKindle書籍にありがちですが、
最終的には「こっちに登録しておいてください」という勧誘があるので
詳しく山崎さんのことを知りたい!
っていう人はそっちのコンテンツとかも参考にすればいいと思います。



ちなみに、どうでもいい話ですが、
山崎理恵さんという方はこの本を読むまでは存じなかったのですが、
多分、プロダクトロ-ンチ系のコピ-ライタ-っぽい人達の影響を受けているかな?
と思わされるような文章でした。


言っている内容も文章のテイストも、
「村上むねつぐさん」をはじめとした、
ロ-ンチ系のコピ-ライタ-とかの文章に似ていいます。


「はい、それはコピ-ライティングです」

みたいな感じで「はい、・・・」から始まる文章を
ロ-ンチで散々と見てきたので、
なんかそういう書き方の流派?みたいなのがあるんですかね。


どちらかと言うと、僕みたいなタイプと違って
感覚で文章を書いているタイプの文体なので、
合う人と合わない人はいるかもしれません。


確かに、この方が言うように、
感覚的にフワフワした感じの文章の方が、
女性に対するウケはいいような傾向もある気がするので、
そういう意味では「女性向けのコピ-ライティング」を体現できているのかもしれません。


むしろコピ-ライティングスキル的には
非常に微妙な印象を受けましたが、
全体的に主張していることや、
言っている事自体には大いに共感しました。


特に、

「キラキラしていなきゃ稼げない?」

この問題提起は僕もとても賛同しています。


「ネットビジネスは目立たないと稼げないのでは?」と思ってる人もいる



ロ-ンチ系の起業家とかって、派手な生活をアピ-ルして、
「羽振りの良さ」とか「いかに自分が素敵かどうか」
をアピ-ルして、そこへ憧れを持たすことによって人を集める、
というブランディング手法が主体とされています。


これは要するに「キャラクタ-ビジネス」というものなのですが、
僕が初心者の頃は、そんな人ばかりが目立っているこんな業界の様相に、
正直、面食らってテンパってた記憶がありますね(笑)


僕自身がネットビジネスに参入した時は与沢翼さんが全盛期の頃だったので、
僕にとってのネットビジネス業界も、

「目立たなければ稼げない」

ものなのかな-って一人で思い込んで、色々と悩んでいました。


そもそも副業だからFacebookでビジネス臭出したらアウトだし、
素性を明かしてビジネスなんてできないよな-っていう感じで。


でも、実際のところはそれって大きな間違いだということには
だいぶ後に気がついたんですけど(笑)


顔出しも実名出しもせずに、人脈とかも不要で、
自宅で一人でコツコツと稼いでいける手法なんてたくさんあって、
何もSNSとかでムリしてキラキラアピ-ルしなくたって、
稼げる手法なんていくらでもあったんですね。


初心者の頃の僕はそんなことすらさっぱり知りませんでした。


というか、実際のところは、
目立ってナンボの手法をやっている人達の方が、
ごく一部っていうのが実情です。


僕の場合は与沢さんとか、
あの辺の目立ってナンボ系の起業家たちが
ネットビジネス業界の入り口だったので、
キラキラせずに稼いでいる人達の存在を知ったときは本当にビックリしました(笑)


表に出てこないで稼いでる人たちって、
わざわざ生活自慢しなくても稼げるからこそ表に出てこないっていうだけなんですよね。


たま-に僕のところにも、

「なんで岡本さんの周りの人たちは顔出し(素性を明かしたり)しないんですか?」

って聞かれることもあるんですけど、
その理由は、素性を明かすメリットが1つもないからです。


逆に、素性を明かしてメリットになるのは、
リアルな場で人との交流を持つ必要のあるビジネスモデルとかの人とかでしょうかね。


「顔出しすれば信頼度が増す!」

っていう主張も間違ってないかもしれないですけど、
重要なのはあくまでコンテンツです。


顔出ししてキラキラアピ-ルしてるけど信用できない人なんて死ぬほどいますし、
顔出しして、一生懸命頑張ってるけど、
コンテンツを何も提供していない人だってたくさんいると思います。


そういう人は、まずは家に帰ってコツコツと
人に提供できるコンテンツを作る方が先決です。


セミナ-とかお茶会とかで派手に
「稼いだらあなたもこんな風な生活ができるすよ」
と未来をアピ-ルをして稼ごうとしているネット起業家も多いし、

「ネットビジネスはそうしないと稼げない」

って思っている初心者の人も、まだまだたくさんいると思います。


でも、ネットビジネスで稼ぐ方法はそれだけじゃないということです。


むしろそれが出来る人ってよっぽど自信がある人っていうか、
僕的にはそんなバイタリティもないし、
ある意味で本当に尊敬しています。


でも、その先で提供しているコンテンツがしっかりしていないと
後々の不満足感につながる可能性もあるので、
やはり大切なのはどこまでいっても「コンテンツ」である、ということですね。


女性向けのコピ-ライティング?



この本のコンセプトでもあるはずの
「女性向けのコピ-ライティング」
ということだったのですが、
全体的にこの辺の主張が(僕的に)ズレていると感じました。


もちろん僕の言ってることがズレている可能性もあるんですけど、
この本では「女性はこういう感じの文章の方が響きやすいんです」
っていう主観的な視点で語っているだけなので、
誰にとっても参考になる話ではなかったと思います。


あえて「女性向けのコピ-ライティング」
っていう切り口で語らなくもいいのかな?と思います。


女性に限らず、性別を問わずに、
全ての人に共通するようなコピ-ライティングのマインドとかを語っている、
というような内容でした。


要するに、女性をタ-ゲットとしたマ-ケティングの場合は、
「共感」とか「愛情」とかの力が大切?みたいな主張です。


・「成果」や「勝ち」を求めるのが男性

・女性の場合はそうではなく「共感」や「安心」「愛情」「コミュニティの発展」を求める



みたいなことを言いたかったのかな?


だからこそ、女性に対して商品を売るときには、
押せ押せ系のプロダクトロ-ンチや、キラキラアピ-ルは不要で、
共感や愛情を掴めるような訴求でいいんですよ、
っていうのがこの本の主張です。


まあ、それ自体はある意味その通りかもしれないです。


でももうちょっと深い部分でこの話を理解するためには、
「男性」や「女性」という単純な性別ではなくて、

「男性性」と「女性性」

という、人それぞれが持ち合わせている性質という視点が必要になってきます。


男性性と女性性



山崎さんのこの本でも似たような言及がありますが、

女性性というのは、
「コミュニティ」「共感」「愛情」
みたいなものを重視するような性質のことを指して呼ぶことが多いです。


反対に、男性性というのは、この本が言うように
「成果」とかを重視したり、
オラオラセ-ルスしていくような積極性などのことを指します。


これはネットビジネスの世界でも色んな人が結構前から言及していて、


・これからは「リ-ダ-」ではなく「コミュニティ」の時代
→だから女性性が重要になってくる

・だけど男性性は強いセ-ルスを行う際には有効


みたいな性質を持っていて、
これからの時代は、この女性性と男性性のバランスが大切ですよ!
っていうのがよく聞くお話ですね。


きっとこの本はそういうことを言いたかったと思うんですけど、
当然ながら、全ての女性が共感や愛情を求めているわけではないし、
全ての男性が「成果」や「闘争」を求めているわけではありません。


これは、性別によく違いというわけではなくて、
人それぞれが持ち合わせている性質によって異なります。


女性性の強い男性もたくさん存在しますし、
その逆もいっぱいいます。


だから、
「女性のためのサ-ビスを売るときはこう書く!」
っていう書き方をするというよりかは、
タ-ゲットに対しての「女性性」に訴求するような書き方
ができればいいと思います。


だから、この本はおそらく、
「女性に訴求するコピ-ライティング」というよりは、

「”女性性”に訴求するコピ-ライティング」

に対して色々と伝えようとしているのかな?と思います。


この本で学べることをス-パ-簡潔に伝えると、

「女性向けのサ-ビスを売るときには、
共感や安心を重視したコピ-を書きましょう」

みたいな、フワフワした主張に行き着きます。


まあさすがにこれはちょっと極端な解釈かもしれないんですけど、
要するに、言いたいことはこの辺にあるのかな?という感じです。


というよりも、

「言いたいことがあるからこの本を書いた」

っていう印象ではなく、
明らかに集客のためにそれっぽいコンセプトを決めて
この本を作ったという感じでした。


でも、改めて「女性性と男性性」
のことを考えられることができる本でした。


ガンガンセ-ルスしまくっている
プロダクトロ-ンチみたいなのがいわゆる男性的なマ-ケティングで、
そうではなく、コミュニティを重視したものが女性的ですよ、
っていう話なんだと思います。


確かに、フワフワした雰囲気の文章だと女性の反応が取りやすく、
女性客は集まりやすい、
っていうような話は思ったよりも色んな方面から聞くことが多いです。


超論理的な文章の「宇崎さんの師匠」とかは、
8〜9割くらいは男性の客で、
集客したセミナ-会場とかは男ばっかりですからね(笑)

(かといって師匠は露骨にオラオラした男性的なセ-ルスをしているわけではないですが)


僕がセミナ-の集客をしたときは女性の割合がちょっと増えるみたいで、
書き手によってお客さんのどちらの性質に訴求しやすいのか、
っていう違いはなかなか興味深いです。


他にもそういう話ってたくさん聞くので、

・論理的なコピ-=男性性に訴求しやすい

・感覚的なコピ-=女性性に訴求しやすい


みたいな傾向は確かに一理あるな-って思います。


だからといって、不必要に文章をフワフワさせて女性のタ-ゲットを狙うとか、
そういう曖昧なスタンスでコピ-を書けば反応が高まるのか?
っていうと何とも言えないと思います。


男性も女性もタ-ゲットになりうる商品なら、
やはりあえて男性のタ-ゲットを省くような書き方をする必要は一切ありませんからね。


女性向けサ-ビスを女性のみに売るのであれば、
確かに、「成果」や「勝ち」に訴求するようなコピ-よりは
「共感」とか「安心感」にウェイトを置いた伝え方をする方が確かに反応は高いでしょう。


でもそれって、一概に
「女性ならこう」とか「男性はこう」っていうシンプルな考え方で
文章を使い分けるようなものではない気がします。


あくまで、その商品を売るにあたってのタ-ゲッのリサ-チをして、
そのタ-ゲットに対してより訴求しやすいであろう書き方をしていく、
っていうのが適切な考え方なんじゃないかと思います。


ということで、なんか文句みたいになってしまい失礼しましたが、
あくまでバランスが大切なんでしょう。


こういうことを知っていれば、
集めたいお客さんによって文章のテイストとかが変わってくるので、
何かしらの参考になってくればありがたいです。


本を読んだ書評をするつもりではなかったんですけど、
この本を読んで感じたこととかをただアウトプットする形になってしまいました。


■追伸

ちなみに本の中盤くらいにあった
「集合的無意識に繋がって文章を書く」
とか、こういう感覚はとても大切だと思います。


論理思考な傾向にある男性性の強い人がこんな話を聞いたら

「なにそれ、スピリチュアル?」

って感じで受け付けないかもしれないんですけど、
集合的無意識にリンクして文章が降りてくる、
みたいなことができればそれは素晴らしい能力ですね。


コミュニティ重視のサ-ビスを運営している人なら、
この辺の話はビビッとくるものがあると思います。




【追伸】

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法を
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも質の高い情報や、
少し秘匿性の高い情報などもシェアしていると自負しております。


登録は無料なので、興味があればぜひ。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

メルマガ講座に登録して無料レポートを受け取る

メルマガバナー

スポンサーサイト

神田昌典「禁断のセールスコピーライティング」書評、レビュー。

岡本です。

今回は神田昌典さんの

「禁断のセールスコピーライティング」

に関しての書評をしてみたいと思います。


普段、このサイトでは主にネットビジネスに関する
”情報商材”のレビューを中心に取り上げていますが、
たまにはこういう一般書籍の書評もいいのなかーと思いまして。


ちなみに僕はこのサイトなどを利用した
アフィリエイトで生計を立てています。


僕がやっているアフィリエイトは
文章を書いて人に商品を紹介する活動なので、

「モノを売るスキル」

という”セールスのスキル”はどうしても磨いていく必要がありますから、
コピーライティングに関しては普段から関心があります。


そんなアフィリエイターからの観点から
「禁断のセールスコピーライティング」を


・僕のような個人レベルの人にとって”稼ぎ”に直結するのか
・どんな人が手にとるべきか
・アフィリエイトなどのネットビジネスに活用可能か



などの視点も含めて、僕なりの読んだ感想をシェアしていきます。


禁断のセールスコピーライティング(神田昌典)書評レビュー



sagf.jpg

(画像引用:http://kcszk.com/blog/archives/9356)

単行本(ソフトカバー): 285ページ
出版社: フォレスト出版 (2014/5/7)


結論を言うと、個人的にはあまり読む価値はなかったですね。


というのも、コピーランティングを一から学べるつもりで
立ち読みもロクにしないで購入したんですけど、
蓋を開けて見るとただの


「上手くいった成功事例集」



の本でした。


僕のようなアフィリエイターや
ネットビジネスやってる人間の立場からすれば
特に何の役にも立たないと思います。


まぁ、要所要所で「それはそうだよなー」と納得する部分や
それなりに参考になる部分ももちろんあります。


でも体系立てて説明しているわけじゃないので、
ポイントがバラバラで非常にわかりにくい。


しかも「なぜそれが有効なのか」の部分の説明が薄いですから、
コピーライティングを学ぶ本としては完全に役が足りてないですね。


トータルでみると、


「自分にとって関係のない話すぎて頭に内容が入ってこなかった」


っていうのが率直な感想です。


「そりゃあお前がこの本に用事ないからだろ」

って思われるかもしれませんが。(笑)


でもこの本の内容が本当に参考になって、
実際に自身のビジネスにフル活用できて、
収益がアップするような人ってこの日本にどれだけいるのかな?
っていうのが逆に疑問ですね。


この本のどこの部分を、
どうやって役に立てていけばいいのかもわかりづらいし、
そもそも全体を通して神田昌典さんは何を言いたいのか、
読者に何をさせたいのかも見えてきませんでした。


というかこの本自体、

「明確に伝えたいメッセージ」

があるわけでもなく、
ただ単に”売るため”に世に送り出された書籍なんでしょうね。


終始、過去にうまく売り上げが伸びた企業の
ニュースレターやチラシなどの成功事例をつらつら並べて、
神田昌典さんなりの「上手くいった理由」と、
それにまつわるポイントなどをそこそこに解説している、みたいな内容。


実際にダイレクトメールやチラシやファックスで
営業をやってるような企業さんからすれば
それなりに役に立つ内容なのかもしれませんけど…


でもそういう人たちがこれを読んだとして、
ここから成功事例を学んだとしても、
「だからどうした」くらいの学びで終わってしまうと思います。


こういう成功事例を読んだところで、
人それぞれ見込み客も持っている商品も
全てが全て違いますから
、うわっつらの

「こういう文章が反応が上がる」


とかだけをマネしたところで何の意味はないと思います。


少なくとも僕のような個人レベルのアフィリエイターやライター、

「コピーライティングスキルを勉強したい」

と思っているような人にとっては
びっくりするほど内容にガッカリすると思います。


「神田昌典さん」っていう威光もあってか、読んでて

「俺、これを理解できないくらいバカなのかな?」

って不安になってくるくらい興味ない話ばっかりですから。笑


神田昌典さんは日本ではすごいマーケッターらしいですが、
今回の「禁断のセールスコピーライティング」は
あまりにも内容が頭に入ってこなさすぎたので、
きっと僕がバカっていう以上に、根本的に内容が微妙なんだと思います。


神田昌典さん自身は凄い人なんでしょうけど、
この本に関しては「王様は裸じゃないか!」って叫びたい気分ですね。


きっと適当に過去のコンテンツを寄せ集めてそれっぽく

「あとはこれを読んで自分なりに勉強してね」

くらいのノリでリリースしただけなんだと思います。


こうやって言うと


「こいつはこの本の価値もわからないのか。バカめ。わかってない。」



って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
今のところこの本の価値がわからないでも
アフィリエイトの方ではそれなりに収益を上げることができているので、
根本的にこの本は僕の利益には何ら直結しなかったです。


これは何も

「コピーライティングを勉強する必要はない」

ってことを言ってるわけじゃなくて、
ただ単に「禁断のセールスコピーライティング」
はコピーを学ぶのに適してない、
っていうことだと思います。


ちなみに、僕は「コピーライティング」に関しては
けっこう関心があるんですけどね。


コピーライティングに関してはそれなりの数の書籍も読んだことがあるし、
価値に見合わないような数万円単位の情報商材でも
ライティング関連のものは一通り目を通したことがあります。


そんな僕が、

「この本はマジでなんだったんだろう」

という主張をこうしてしているということ。笑


多分ですけど、これを読んだ9割5分の人が

「なんのこっちゃ」

っていうちんぷんかんぷんな感情を
読み終えた抱いたんじゃないでしょうか。


まぁ、本当にあくまで個人的な意見なんですけどね。
僕が少数派だったらごめんなさい。


実際、この本が本当に自身のビジネスの
役に立ったっていう人がいるのかどうかわかりません。


でもどこからどう見ても、現時点の僕にとっては

「全くもって参考にならない」

コンテンツだったなーって心から思ってます。


熟読の価値は相当ないです。


コピーライター、WEBマーケッター気取りの人たちが

「やっぱり、神田先生はすごい。タメになるなー」

くらいの一時的な娯楽程度でしか楽しめない本なのかな、って感じです。


もしくは

「PASONAの法則を入れれば反応が上がる!」

みたいな、そういう知識とかコピーライティングに関する
ウンチクを頭に詰め込みたいような人にとっては面白いかもしれませんが。


ですが、特に「これからコピーライティングを勉強しよう」
という初心者の方には何の役にも立たないと思います。


そんな感じで、総括すると


「これを読んだところで、多くの人は何にも活用できないんじゃないかな」



っていうのが僕なりの結論。


情報商材とかと違って一般的な書籍の価格だから
買って損した、とかはないですけど。


でもせっかく神田昌典さんに興味があるんだったら、
とりあえずでもいいのでこちらの教材には目を通してみたほうがいいと思います。


ミリオンライティングのレビュー


これは形式上は情報商材だし、確かに胡散臭いのは否定しませんけど、(笑)
個人レベルのアフィリエイター、これから起業やビジネスを志す人にとっては
どう考えても神田昌典さん関連の本とかよりも役に立つと思います。


誤解を恐れずあえて言いますけど、正直、神田昌典さんも含めて
そこらへんのコピーライターとかとはレベルが全然違うと思います。


僕自身もそうですけど、「人生を変える」レベルで学びがあるのは
どう考えてもこちらの「ミリオンライティング」ですね。


特にアフィリエイトやネット上でのライティングに関しては整合性も高いので
良かったらチェックしてみると良いです。


最後は自分の好きなものを紹介する形になってしまいましたが、
これは素直に思ったことでしたので。


それでは、岡本でした。



【追伸】

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法を
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも質の高い情報や、
少し秘匿性の高い情報などもシェアしていると自負しております。


登録は無料なので、興味があればぜひ。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

メルマガ講座に登録して無料レポートを受け取る

メルマガバナー

Copyright © 副業スタイルで稼ぎ出すためのネットビジネス講座 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。