岡本です。

最近、っていうか割といつもなんですけど、
いろんな起業家さんのメルマガとかで
小玉歩さんのセミナーとかのコンテンツが紹介されています。


で、今回広まってきてるオファーは、
小玉さんの「情報発信ビジネス」に関するコンテンツ。


タイトルは情報発信完全継承プロジェクトっていうみたいです。


小玉歩「情報発信完全継承プロジェクト」



937rf.png


小玉歩さんの「情報発信完全継承プロジェクト」の参加費用は148000円。

9月からは19万8000円ということらしいです。


一応、高額塾みたいなカテゴリーに入るんですかね。


で、あくまで僕の個人的な“ものさし“で判断すると、(相場的に見ても)
コンテンツ提供のみでこのくらいの価格っていうのはやっぱり“高い“と思います。


“完全継承“だなんて宣言していますが、
対面はおろか、通話コンサル、メールサポートすらもなどもなしに
完全継承できて手に入れられるモノなんて、基本的に僕は“ない“と思います。



結局、

『PDFや音声、動画だけの「情報コンテンツ」の価値には限界がある』

っていうのが僕の意見です。


現実問題、この業界では次々と情報商材がリリースされていますが、
PDFを読んだだけ、動画を見てノウハウを学んだだけで
結果を出せてる人っていうのは相当少ないはずです。


それが誰にでもできたら今頃
「稼げない…」って悩んでる人なんていませんしね。


だからサポートとかコンサルとか、
そういうところにこそ価値を見出して
お金を投じていくべきっていうのが僕の個人的な意見。


「だから岡本がオススメしてるサポートが手厚い商材を買え」


っていうわけじゃないですけど(ちょっとはありますが)、
これは僕自身の経験上から言えることです。


なんだかんだいって、より細かく詳しく、
口頭で直接指導してもらうのが一番成功に近いのは
少しイメージすればわかると思います。


そりゃあ情報商材を買って
一人でガンガンビジネスを進めていける人ももちろん存在しますけど、
多くの人にとってはそれってなかなか難しいんですよね。


だったら今頃、情報商材が売れた本数だけ
成功者が存在してもおかしくないですし。


だからいくら数億円稼いでる小玉歩さんのコンテンツだろうが、
サポートも何もなしのコンテンツに
数十万円はチャージしすぎだと思います。


まぁ今回の「情報発信完全継承プログラム」
のコンテンツ内容はどんなもんかはわかりませが、
おそらく、一通り目を通してみたところで


「いやー、勉強になったなー」


くらいで終わる人が大半っていうのがオチだと思いますよ。


それは1年くらい前にリリースされていた三浦孝偉さんって人の
「情報発信バイブル」っていう情報商材の“読んだ後のガッカリ度“
から容易に推測できます。


情報発信バイブルのレビュー


※三浦さんって人は小玉さんのパートナー?みたいな人らしいです。
小玉さんが監修した、みたいな位置付けの情報商材。


情報発信ビジネスで1億とか誰でも実現可能なのか



まぁこれって、何も「情報発信バイブル」とか、
今回の「情報発信完全継承プロジェクト」が悪いっていうか、
そもそもとして「価値ある情報発信者になる」っていうこと自体が難しいんですよね。


少なくとも「情報商材で知識やノウハウを学んだだけ」で
体得できるようなものではないです。


小玉さんはセールスレターの中で


一切の嘘偽りなく、
「あなたにも年収一億円は可能です」と
お伝えしてるんです。



というようなことを繰り返し豪語していますが、
これ、現実的には相当長い道のり。厳しいハードルです。


もちろん、僕だって「絶対に不可能だ」なんて言いませんけど…。


小玉さんのような知名度の高い人はこのくらい豪語して
日本人に夢を与える立場にあるとも思うし、

確かに年収一億円プレーヤーになる可能性は
誰だってゼロとは言い切れませんしね。


かといって今回の「情報発信完全継承プロジェクト」に参加した人間が
まんべんなくこの領域に到達できるのかって言ったら、
普通に考えてそれは相当ムチャな話なんです。


結局、どんな塾に参加しようが誰からノウハウを学ぼうが、
稼いでいくのはあくまで自分自身。


そういう前提で現実的にビジネスに取り組んでいける人じゃないと、
年収一億円はおろか、月収100万にも月収10万円にも絶対に届かないと思います。


少なくとも、このセールスレターを読んで


「もしかしたら、俺も年収一億円になれるかも…」


って楽観的になってすぐに興奮してしまうような人は、
厳しいかもしれないです。笑


“ネットビジネスで年収一億円“になるには一人でやってたんなら到底ムリ?



年収一億円って、当然ながらとてつもない世界です。


僕も一億円以上(というか裏でこっそりと小玉さん以上に)
ネットビジネスで稼いでる人は数人知っていますが、
どの人も思考のレベルが高くて、
それに伴って行動力や実行力、仕事量がハンパじゃないです。


あと単純に、そのくらいの額を稼いでる人は
組織とか人脈を間接的にでも活用してます。笑


僕の感覚で言えば、何にも頼らず

“ガチでたった一人“

でやっていくんだったら月収100万円~200万円くらいが
ある程度の天井なのかなーって感じでしょうかね。


僕もそれ以上は体感してないから知らないので
ノーコメントではあるんですけどね。


まぁ組織力を利用できる人間っていうのはそれはそれで凄いので
使えるリソースはフル活用して
利益を伸ばしていけばいいと思うんですけど、少なくとも


「正しいノウハウを学びさえすれば、たった一人で誰でも一億円くらいはいける」


みたいなことはちょっとありえないかな…っていう感じですかね。


ネットビジネスってリアルな世界に比べたら
確かにデカイ金額を狙えますけど、

誰でもそう簡単にポンポンと“億“を狙えるかっていったら
それはちょっと言い過ぎです。笑


実際、今回のレターでも紹介されてる


前村健輔さん
坂本幸一さん
紙直樹さん


などといったおなじみの「小玉グループ」の人たちも、
小玉さんの組織力とかを思っきし利用してこのくらいのステージですからね。


人脈とかチームの力でヨイショしてもらって
ポッと出でもそれなりの数字を稼げた、
っていう人もいくらかはいるかもしれませんが、


根本的には年収一億とか年収数千万円っていう数字は
例外なく人間的にハイレベルにならないと到達できていない領域
でしょうし、
「誰でも可能」っていう言葉にはやや語弊があると思います。


そりゃあ確かに確率論で言えば「誰でも可能」かもしれないけど…

みたいな。笑


そこは“情報商材“とか“塾“とか、
外的な要因によって叶えられる領域じゃないんです。


PDFとか動画で伝える情報だけで、
第三者の人間レベルやスキルを劇的に変化されるなんて、
やはりそんなに簡単なことじゃありません。


さっき挙げた


前村健輔さん
坂本幸一さん
紙直樹さん


などといった「小玉グループ」の人達の情報商材とかは
それなりの理由があって僕も批判気味の立場をとってますけど、

こういう人達も、相当行動しまくって努力してきた結果があるからこそ
今みたいに表舞台に立てて持ち上げられてるんだと思います。


だからやっぱり、どんな形であれあくまで
「稼ぐのは自分自身」ってことです。


つまり、ガッツリ稼いでる人達は
“ぬらりと生きてない“ってこと。


それは年収1億はおろか、年収1000万円だろうが
月10万円だろうが一緒です。


ネットビジネスで月10万円を達成するのも、
いつものような思考と行動じゃ到底ムリです。


そのくらい、「ネットで稼ぐ」っていうのはラクではありません。


小玉歩さんも「ラクじゃない」ってことはよく言うんですけど、

どうもセールスレターを全体的に見てみると、
その辺りの物事を深く考えたくないような、
いわゆる“情報弱者層“を狙ってるようにしか見えない
んですよね。


今に始まったことじゃないですけど。


その割に彼らの情報商材って中身に実用性がなくて
微妙なとこありますから、買わせた後でいくらでも


「稼げないのはあなたのせいです」


ってことを言えますからね。


いずれにしても、今回のようなオファーを見て

「これなら俺でも稼げそう」

って感じたのなら、ちょっと一息ついて考えた方がいいかもしれません。


こういった高額なコンテンツを買おうが何しようが、
最終的に稼いでいくのは自分自身ですからね。


僕は今回の「情報発信完全継承プロジェクト」
はさすがに買ってないので中身の批判はできませんが、
なんせ高すぎるので、ムリして買う必要はないのかな…って思います。


この記事の続きもすぐにアップしますので、
よかったらそちらも確認してみてください。


次の記事:

小玉歩さん関連の「キャラクタービジネス」について。

(構築中)


それでは、岡本でした。




【追伸】

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法を
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも質の高い情報や、
少し秘匿性の高い情報などもシェアしていると自負しております。


登録は無料なので、興味があればぜひ。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

メルマガ講座に登録して無料レポートを受け取る

メルマガバナー