岡本です。

僕のサイトでも推薦教材の筆頭に挙げている

「RMAプロジェクト」。


RMA リアルミックスムービーアフィリエイトプロジェクト



rma.png

RMAの販売ページ


この教材、王道的な物販アフィリエイトの教材なんですけど、

「ルレア」とか「風花初芽」などといった同じ種類の
有名商材とかよりも個人的にノウハウがしっかりしてるから
僕のサイトでも推薦するようになりました。


なんというか、”取り組みやすい”んですよね。


だから僕からもかなり作りこんだオリジナルの特典を配布していますし、
購入してくださった方からもけっこうな割合で

「岡本さんの特典付きで買ってよかったです。
むしろそうじゃなきゃやばかったです。」


などというメッセージをもらえるようにもなりました。


で、このRMAのノウハウの特徴として、

「一般書籍を参考にしてコンテンツ(記事)を作っていく」

というコンテンツ作成ノウハウがあります。


このコンセプトもなかなか秀逸でセンスあるなーと思っているのも
推薦している理由です。


ただ正直に言うと、RMA本編のマニュアルだけだと


「じゃあどうやって書籍を記事に落とし込んでいくのか」


という”具体的な方法論”の部分がちょっと僕的には「弱いな…」と
感じている部分でもありました。


そこについては後で詳しく触れますが、

まずはRMAのノウハウで主役の1つとなっている
「スマホアプリ」についてちょっと考察してみます。

RMAで利用するスマホアプリ「OCR」はゴミ?



RMAで、「書籍をパクる」際に利用するのが
OCR(文字認識)という、スマホで撮影した文字を
スキャンして文字化してくれるアプリになります。

00001.png


で、このアプリ、実は僕的にはけっこう使い勝手が微妙です…。笑


スキャンした文字の認識率がちょっと悪いんですよね。

つまり、完璧に文字に反映してくれないっていうこと。


販売者の金子仁志さんはセールスレター内でこのことについて、


もちろん、このアプリが無くても、タイピング作業さえできれば
問題なく今回のノウハウを活用する事ができますが、

運良く文字化けしたり一部読み取れない部分などを
手動で修正すると文体も変わりますので、

必然的にコピペではなく、ちょうど良いぐらいに
同じ意味を持つ違う文章になるので、
一つの方法としてアプリと本ノウハウでの使い方の紹介しています。




という説明をされています。


つまり、このくらいの識字率のアプリを使った方が
いい感じで文章をリライトしてオリジナリティを出していける、

ということなんですけど、
個人的にはちょっとこのやり方だとイマイチ要領がつかめなかったんですよね。


これを素直にやってたら、逆に作業が遅くなるんじゃあ…みたいな。


なので、この「本のコンテンツを文字に起こす」と言う部分に対して、

「もっとノウハウとして詳しく説明してくれたものがあったらな…」


というのが率直な気持ちでした。


とはいえ、全般的に見てもやっぱり
RMAは教材としてのクオリティが高いです。

なのでどうしても推奨したかったっていうのが
僕の考えていたところなので、

この「文字起こしノウハウの効率が良くない」という問題を、
僕の方で勝手に解決してしまいました。



このOCRアプリを利用する方法よりも数倍以上早く、
書籍の”文字起こし”をする手法を
僕の特典の方でもおつけしていますが、
これがまたとても好評です。


「これ、岡本さんの特典があるのとないのじゃあ、
かなりの開きがあるのでは…?」



なんて感想も貰ったのですが、
これは大げさではないと思います。


現状として、RMAで提案しているOCRアプリよりも、
僕から提供している特典ノウハウを導入した方が圧倒的に効率は良いです。


冗談抜きに、

僕の特典でシェアしているノウハウを取り入れていない人が
1日1記事しか作り上げれなかったとしたら、
その人はおそらく同じ時間で
1日3、4記事くらいの作業スピードまでにアップする
と思います。


実際僕もこの方法を利用して、
半日もせずに1記事2000~4000文字程度の記事を
5つ程度は書き上げています。


そのくらい成功スピードに歴然の差がありますから、
検討してみるべき価値は多いにあると思いますね。


「本をブログ記事にする」場合の欠点



RMAにはその他にもかなりクリティカルな特典を
僕の独自特典としてお付けしているのですが、

その中でも新たに追加したものが

「岡本流、RMAの正しい歩き方」

というコンテンツ。


名前はノリで決めましたが(笑)
この特典もあるのとないのではかなりの差が開いてしまうと思います。


・実際にどのような手順で進めていき、サイトを構築していくのか
・本編の方法よりも更に効率良く書籍の文章を文字起こしする方法
・選定すべき書籍のジャンル一覧
・これを知っておかなければ稼げない。
 ”ネット記事と書籍の決定的な違い”と、その対策
・「このジャンルは絶対に選んではいけない」リスト


一応、ささっと箇条書きしてみるとこのような感じなのですが、
特に、「ネット記事と書籍との違い」を理解しておかないと、
実は相当なアドバンテージになってしまいます。


当然、RMAの教材マニュアルを忠実に実行したとしたままでも
着実に稼いでいくことは十分可能です。
(そうでない教材なんか推薦しないですが)


ただ、先ほども言ったように


「書籍のコンテンツをネット記事に落とし込む」


場合には、必ず知っておくべき”超重要”なポイントがあるんですね。


RMAは、この辺りの「ネット記事への落とし込み方」の
具体的な部分がちょっと薄いと感じたので、
こちらの僕なりの視点で補講する特典として用意させていただきました。


…というように、RMAに対しては
僕からもかなり手厚い特典をお付けしているのですが、

根本的にRMAのノウハウの主軸となる


「書籍をコンテンツ化する」


という部分は、ただ短絡的に
「本の内容を参考にパクればいいんでしょ」
みたいな捉え方だととてももったいない
んですね。


それってRMAの本質じゃないし、
ただ”何かをパクるだけ”でサクサク稼いでいけるほど
甘い世界ってものでもないです。


だから、RMAで本当に肝心な本質的な部分って、

「書籍を参考にする」ことでもなくて、
かといってOCRアプリがどうとかも問題じゃなくて、

本当に大切な部分は


”書籍のコンテンツとしての構成を参考にブログ記事を作っていく”


というところにあると思うんです。


こういうより深い部分を本質的に解説したものが
今回お付けしている「岡本流、RMAの歩き方」というわけです。


僕としても、RMAという教材に対して、
ただ適当にそれっぽいノウハウを特典として
お付けしているわけではありません。


ここまで話してきたように、個人的に

「書籍のコンテンツを記事に落とし込む」

部分に関してちょっと”説明が足りないかな”
と思った部分を特典として細く講義させてもらっている、ということです。


ということですので、

はっきり言って、僕から提供している特典だけに期待しても
損しないレベルのものを作り込んだ自負が僕にはあります。


RMAをすでに購入済みの方から

「岡本さんからの特典だけでも受け取りたいんです。」

と言って、違う教材をわざわざ僕から買ってくれた方もいました。笑


この教材への理解度は人以上にあると思っていますし、

手前味噌かもしれませんけど、
せっかくRMAを手に入れるのであれば
僕の特典付きの方がより効率が良いことになるのは
間違いないと思います。


なのでよかったら参考にしてみてくださいね。


RMA特典付きレビューページ


それでは、岡本でした。



【追伸】

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法を
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも質の高い情報や、
少し秘匿性の高い情報などもシェアしていると自負しております。


登録は無料なので、興味があればぜひ。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

メルマガ講座に登録して無料レポートを受け取る

メルマガバナー